スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    テルマ&ルイーズ
    0
      00249_0424_2300.jpg

      リドリー・スコット 監督作品。

      女二人で荒野をドライブ!
      気にいらない男はぶ殺しちえばいいし、警察なんか全然怖くないよね。

      痛快ロードムービーでアメリカ映画!って感じの作品。
      振り切ってて気持ちが良いです。

      むかついた運転手のタンクローリーを爆発させちゃうシーンなんて最高です。
      うひょーって声がでちゃいましたね わらう
      いざとなったら女は強いわよ セルマポリー

      ブラッド・ピット若ーい。
      | polton-g | 洋画 − 1990年代 | 23:00 | - | trackbacks(0) | - |
      アンダーグラウンド
      0

        エミール・クストリッツァ 監督作品。


        ユーゴスラヴィアの内戦の歴史を学べるかなと思って観ました。
        ユーゴといえば、元サッカー日本代表監督のイビチャ・オシムや
        ピクシーことストイコビッチ(現 名古屋グランパス監督)の祖国として馴染み深い国でしたが、
        どういった経緯で内戦に至って分裂していったのか、詳しく知しませんでした。

        思ったほど、歴史について詳細に理解できるような内容ではなく、
        フィクションによる物語の部分が多かったので、多少肩透かしくらいましたが、
        その代わり、戦争によって歯車が狂っていく人々の濃厚な人間ドラマが展開されていって、
        見ごたえある3時間弱です。長いけどぉ!


        この監督の作風みたいですが、
        それぞれのキャラクターがとてもユニークでインパクトあります。

        冒頭やエンディング等で流れるブラスバンドの奏でる音楽も実に印象的で耳に残ります。

        戦争や内戦により揺れ動く祖国ユーゴスラヴィアの情勢に踊らされ続ける人々の滑稽で悲しい物語、
        映画という形態をとっていますが、どちらかというと演劇に近いような感覚を受けます。
        3時間というのも演劇っぽいですね。
        そういう感覚で観るのが良いタイプの作品かもしれません。

        | polton-g | 洋画 − 1990年代 | 11:00 | - | trackbacks(0) | - |
        レ・ミゼラブル (1998年)
        0

          ビレ・アウグスト 監督作品。

          15年も前の映画ですが、きれいな映像ですね。
          ミュージカル調のレ・ミゼラブル映画に違和感感じていたはずが、だんだんクセになってきて、
          ついにこのミュージカル調ではない1998年版を観たら、何か物足りなさを感じるようになっている自分に違和感を感じています。

          しかし、この壮大な人間ドラマはいつ観ても胸にきますね。
          フランスの話だから英語じゃなくてフランス語にはしてほしいですが。
          | polton-g | 洋画 − 1990年代 | 10:00 | - | trackbacks(0) | - |
          マルメロの陽光
          0

            ビクトル・エリセ 監督作品。

            スペインの画家、アントニオ・ロペス=ガルシアがマルメロの樹を描く数ヶ月間を
            ドキュメンタリータッチで撮影した作品。

            今年のGWは「アートに触れる9日間」と題して日々過ごすことを決め、
            たまたま目についた渋谷文化村ミュージアムのアントニオ・ロベス展に行くためにこの作品を観ました。

            A・ロペスは寡作で知られていて、ひとつの作品に長い年月をかけることで有名らしいですね。
            題材に長い年月寄り添い、愛し、見続けることで写真では表現できない表情を描くことができるらしいと・・・。
            この映画でもそのような制作スタイルがたんたんと映し出されています。

            何ヶ月、何年もかけて一つの作品をつくれる贅沢が、やたらうらやましいですが、
            個展で作品をみて、圧倒されました。
            何年もかけてくれてありがとうございます、すごいグッとくる作品ばかりですね。

            映画自体は絵画、Aロペスに興味がないと寝ちゃうかもしれませんが、
            またボーっっと観たい作品です。
            | polton-g | 洋画 − 1990年代 | 02:00 | - | trackbacks(0) | - |
            ギター弾きの恋
            0

              ウディ・アレン 監督作品。

              ドキュメンタリー風に構成されていたので、本当に実在する人物だと思って観てました。
              やられましたな、しゃれおつ演出に。

              破天荒で女好きだけど、憎めない味のあるキャラクターです。
              ショーン・ペンがハマリまくりです。
              サマンサ・モートンも愛くるしいし。

              せつなくて、なんだかじんわり胸に残る作品でした。
              | polton-g | 洋画 − 1990年代 | 03:00 | - | trackbacks(0) | - |
              許されざる者 (1992年版)
              0

                クリント・イーストウッド 監督作品。

                男の眠れる勇ましさ心を刺激するストーリーですよね。
                西部劇の持つエンターテイメント性を保ちながら、
                それぞれのキャラクターに対して、一人の普通の人間としての側面も描かれてので、
                話に奥行きがあって良いです。

                今年の秋に日本映画でリメイク(渡辺謙 主演)するらしいですが、はたして・・・。
                | polton-g | 洋画 − 1990年代 | 19:00 | - | trackbacks(0) | - |
                トレインスポッティング
                0


                  ダニー・ボイル 監督作品。

                  またも、実は観たことなかったパターンですが、
                  これもいいすねぇ〜。

                  音楽たまんなくて、電車の中でアタマふりそうになりました。
                  イカシてるす。

                  って散々言われ尽くされてきたんでしょうが・・・。


                  エッジききまくりで、自分のナイーブな心をビンビン刺激してきましたよ。
                  クソまみれは勘弁してくれ。
                  | polton-g | 洋画 − 1990年代 | 22:00 | - | trackbacks(0) | - |
                  ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間
                  0


                    デイヴィッド・リンチ 監督作品。

                    昔、流行りましたね、懐かしいです。
                    ドラマはレンタルで借りていくつか観た記憶がありますが、
                    全部観たか、途中までしか観てないか覚えてないくらいです。

                    つまり、ドラマの内容の記憶ほぼナシの状態でこの映画です。
                    なぞの人物、表現もありましたが、まぁ観れました。

                    デイヴィッド・リンチの演出に懐かしさを感じました。
                    こんな感じだったなぁと。
                    「キィヤァァァァァーーーーー」って感じすな。
                    | polton-g | 洋画 − 1990年代 | 22:00 | - | trackbacks(0) | - |
                       1234
                    567891011
                    12131415161718
                    19202122232425
                    262728293031 
                    << March 2017 >>
                    + PR
                    + SELECTED ENTRIES
                    + RECENT TRACKBACK
                    + CATEGORIES
                    + ARCHIVES
                    + MOBILE
                    qrcode
                    + LINKS
                    + PROFILE