スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    華麗なるギャツビー (2013年版)
    0


      バス・ラーマン 監督作品。

      濃厚かつ滑らかでリッチな味わい。
      F・スコット・フィッツジェラルドの小説「グレート・ギャッツビー」を原作とした作品。

      1974年、2000年にも映画化されていて、今作で3本目ですって。
      どちらも観たことないので、ストーリーから楽しんだ。

      豪華絢爛な生活に囲まれ優雅な佇まいで人々を魅了して、生きる伝説状態のギャッツビー(レオナルド・ディカプリオ)。
      でもどこかミステリアスなその雰囲気に、どんどん魅了されて、引き込まれていった。

      私的にはギャッツビー(Gatsby)と聞くと整髪料のイメージだし、キムタクだしモックンだし松田翔太だ。
      上記のイメージはどうでも良い話ではあるが、このギャッツビーという言葉は何か聞いていて気持ちよい。
      単語だけどリズム感があるというか、子気味良いというか、もっと言ってほしくなるような中毒性がある。
      作中でもニック(トビー・マグワイア)が「ギャッツビー」と連呼するたびに気持ちよくなっていく感覚があった。
      その単語の中毒性と同じように、このギャッツビーというキャラクターも非常に魅力的で、
      ニックとの男の友情も胸を熱くする、男子的にはたまらない類の話だ。

      何日かたってもギャッツビーを思い出して想いふける、そんな魅力的なキャラクターだった。


      映画の魅力の一つに、
      大きいスクリーンの中に吸い込まれるようにしてその世界観に入り、
      疑似体験できることが挙げられると思うが、
      この作品で味わえるそれは、極上の体験だったと思う。
      これも映画館で観るべき1本だったと後悔した。



      デイジー役のキャリー・マリガン、やっぱりめっちゃカワイイす。





       
      | polton-g | 洋画 − 2010年代 | 23:30 | - | trackbacks(0) | - |
      アナと雪の女王
      0
        00252_0428_1800.jpg

        クリス・バック、ジェニファー・リー 監督作品。

        やっぱり英語版の「レット・イット・ゴー」が聴きたいということで字幕版で観賞。
        けっこう早目にきましたね。
        アンコールしたいくらいでしたが、一回しか歌ってくれませんでした、エルサ。

        周囲の盛り上がりの影響で、けっこう期待して行ったのですが、
        ストーリーとキャラクターの魅力による高揚感は
        「塔の上のラプンツェル」の方が強かったですが、

        ただCGがつくりだす映像の美しさは今回もすばらしく、
        氷と雪のつくりだすファンタジーな映像は本当にきれいでした。
        映像に見とれてしまって、ストーリーの邪魔になるほどです。

        前座のミッキーの映像もすばらしくて、
        子供たちが熱狂するのもよくわかります。

        子供がいたら、歌える回の上映に行って、
        子供たちと一緒に大声で歌えたんすけどね〜、残念。
        | polton-g | 洋画 − 2010年代 | 18:00 | - | trackbacks(0) | - |
        チョコレートドーナツ
        0
          00251_0426_1500.jpg

          トラヴィス・ファイン 監督作品。

          シネスイッチ銀座デビュー。
          銀座方面にゆかりがなかったせいで、行ったことがありませんでした。
          これでまた映画通の手形を一つ手に入れたか?!

          そんな初めてのシネスイッチ銀座で観た作品は「チョコレートドーナツ」。
          元AKBの大島優子も絶賛!
          人が人を思う心の素晴らしさよ。

          ゲイのカップルである二人の男性と、
          身寄りのないダウン症の少年との間に生まれた人間愛。
          その愛を守るために世間の偏見と司法の壁に立ち向かう二人の姿を描いた作品。

          二人は少年に愛を与え、少年も二人に生きる希望をあたえる。
          人は愛を与えあって、支えあうことができる素晴らしい存在なのですね。
          純粋で害のないその本能を同じ人間がつくった法律でおさえこむ理由なんて見つからないじゃない!
          まっすぐに戦うルビー(アラン・カミング)の姿に心震わされます kyu

          が、しかし実際の心震わされ具合はというと、
          前日の寝不足の影響でところどころ意識が朦朧としてしまい、
          微妙に作品にはいりきれず、いまいち感動しきれないという大失態を犯しました。

          まわりは鼻をスンスンして感動されている方多数でしたので、悔しかったです。
          少しでも取り戻すべくパンフレットを購入しましたが、
          時すでに遅しだったのは言うまでもありません ふふっ。

           
          | polton-g | 洋画 − 2010年代 | 15:00 | - | trackbacks(0) | - |
          世界にひとつのプレイブック
          0
            00247_0420_2300.jpg

            デヴィッド・O・ラッセル 監督作品。

            「Excelsior!」
            良い言葉だな。
            ベタなんだけど勝手に気分がアガってくる言葉。
            私も猿の一員ですから、高いところが好きなんでしょう。

            とか書いて、映画についてなんと書いて良いか困っているのをごまかす。
            いや、すごく良かくて、感動して笑顔で終われる良作だなと思います。
            ただ言葉がでてこないだけです。

            ジェニファー・ローレンスがアカデミー主演女優賞(主演なの?!)とったのはうなずける芝居っぷりだったし、
            今までのイメージよりセクシーだなって思ったのが、今パってでてきた印象。

            オツです ゆう★
            | polton-g | 洋画 − 2010年代 | 23:00 | - | trackbacks(0) | - |
            ローンサバイバー
            0
              00242_0405_2130.jpg
              ピーター・バーグ 監督作品。

              涙が邪魔して映画が観れない。

              「バトルシップのピーター・バーグ監督作。
              今回の戦いは地球外生命体と人類の戦いじゃな−い!

              今作の題材になっているのが、ネイビーシールズ(アメリカ特殊海軍)史上
              最大の悲劇といわれているレッド・ウイング作戦。

              国を背負った兵士という立場と、人としてのあり方の狭間で葛藤し、
              そして起こってしまったこの悲劇。

              沈む夕日ににつつまれて、断末魔とともに朽ち果てる兵士。
              死に様は、痛々しさと、悲しさと、誇り高さに満ちた見事なシーンの連続で、
              まるでアスリートが目標のゴールに達した感動シーンのよう。
              適切な感情ではないと思いながらかっこいいと感じてしまうほど。

              ラストシーンというか結末を観たあとは胸を熱くして、涙の堤防が崩壊寸前になり、
              人間愛と人類のおかれている現状を考えさせられながら家路につくわけです。

              是非、観てみて。

              レッドウイング作戦の詳細がわかる本も出てますが、これは映画観てから読んだら良いと思います。
              クリックもしない方が良い!
              レッド・ウイング作戦も知らなきゃ、特に調べないで観た方が良い!




              | polton-g | 洋画 − 2010年代 | 21:30 | - | trackbacks(0) | - |
              ゼロ・ダークサーティ
              0
                00240_0402_2300.jpg

                キャスリン・ビグロー 監督作品。

                ウサーマ・ビン・ラーディン捕獲・殺害ミッションに挑むCIAの特殊部隊を中心に描いた作品。
                コードネームは”ジェロニモ”だー なおるよ!

                いろいろ物議をかもした作品だそうで・・・。
                テロリスト・CIA・拷問・殺害作戦、単語あげるだけで問題作のニオイがただよってきますね。
                しかしそのニオイが映画の味に深みを与えちゃって、食べごたえたっぷりになるっていうね。

                張り詰めた緊迫のシーンの連続。
                まるでその場にいるような緊張感を味わい、身体は硬直します。
                とりあえず、いろんな意味で”必見”でしょう、こりゃ。
                | polton-g | 洋画 − 2010年代 | 23:00 | - | trackbacks(0) | - |
                アンナ・カレーニナ
                0
                  00232_0306_2300.jpg

                  ジョー・ライト 監督作品。

                  愛欲に溺れた伯爵夫人のお話。
                  「ジェーン・エア」に続き、文芸作品映画を観賞。

                  まさに愛に溺れるってこういうことか!っていう感じすね。
                  ヴロンスキー(アーロン・テイラー=ジョンソン)、素敵だから仕方ないか。
                  本当に綺麗な身体でしたよ。
                  ライティング?!デジタル補正?!
                  なんにしても見事なお尻でした。

                  アーロン・テイラー=ジョンソンのセクシーな身体、要チェックです!!
                  | polton-g | 洋画 − 2010年代 | 23:00 | - | trackbacks(0) | - |
                  ジェーン・エア
                  0
                    00227_0225_0900.jpg

                    キャリー・ジョージ・フクナガ 監督作品。

                    文学映画作品は心を昔話に連れて行ってくれる。
                    心穏やかに現実逃避させてくれるから好きです。

                    愛は何よりも尊いか・・・。
                    | polton-g | 洋画 − 2010年代 | 09:00 | - | trackbacks(0) | - |
                    ムーンライズ・キングダム
                    0


                      ウェス・アンダーソン監督作品。

                      今さらだし、映画通からしたらベタかもしれないけど、
                      この監督さん、素敵、注目だね ヤッタv

                      こないだキューブリックの「時計じかけのオレンジ」観た時に感じた
                      とんがったオリジナリティ、また感じちゃった。
                      | polton-g | 洋画 − 2010年代 | 09:00 | - | trackbacks(0) | - |
                      LOOPER/ルーパー
                      0
                        00220_0207_2300.jpg
                        ライアン・ジョンソン 監督作品。

                        去年評判良かった作品だったので観賞。

                        2044年のカンザスが舞台。
                        主人公(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は未来の犯罪組織の依頼で30年後から送り込まれてくる標的を始末する殺し屋、通称”LOOPER”。
                        未来では死体の身元確認のレベルが上がり殺人がほぼ無理な状況らしい。
                        タイムマシンは違法で犯罪組織しか使えない代物らしい。

                        人類の進化における永遠のテーマの一つ「タイムトラベル」。
                        今作も果敢にそのテーマに向き合い、そして一つの形を提示しています。
                        これは見ごたえたっぷりなポイントですよ。

                        ただ、細かい理屈を思い巡らしながら見てしまうのが「タイムトラベル」物の常と言えますが、
                        今作はそういった思考をダァーーンと断絶するかの如く、開き直ったセリフをブルース・ウィリスがぶっ放します。

                        主人公のもとに現れた30年後の自分であるブルース・ウィリスが
                        「タイムトラベルの話は複雑すぎる、面倒くさい」と言い
                        それでもつっかってくる主人公に対して、
                        「どうでもいい!!」

                        超ウケです。
                        言うよね〜。
                        これ言われたら、もう黙るしかないので、
                        静かにつべこべ言わずに、展開を楽しみまーすとなりました。
                        ある意味すっきりしましたね。

                        おもしろいです。評判良いだけあります。

                        途中からシドという子供がでてくるんですが、
                        この子の迫力ある演技がすんごいんで、必見ですよ。
                        タマんない系です、クセになります。
                        北斗の拳の実写版やるならやってほしい表現がラストの畑のシーンにありまして、シドが大活躍です。
                        ふぁぁぁぁぁぁーーーーーーぁびっくり

                         
                        | polton-g | 洋画 − 2010年代 | 23:00 | - | trackbacks(0) | - |
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << December 2017 >>
                        + PR
                        + SELECTED ENTRIES
                        + RECENT TRACKBACK
                        + CATEGORIES
                        + ARCHIVES
                        + MOBILE
                        qrcode
                        + LINKS
                        + PROFILE