<< 王様とボク | main | ペイ・フォワード 可能の王国 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    ローンサバイバー
    0
      00242_0405_2130.jpg
      ピーター・バーグ 監督作品。

      涙が邪魔して映画が観れない。

      「バトルシップのピーター・バーグ監督作。
      今回の戦いは地球外生命体と人類の戦いじゃな−い!

      今作の題材になっているのが、ネイビーシールズ(アメリカ特殊海軍)史上
      最大の悲劇といわれているレッド・ウイング作戦。

      国を背負った兵士という立場と、人としてのあり方の狭間で葛藤し、
      そして起こってしまったこの悲劇。

      沈む夕日ににつつまれて、断末魔とともに朽ち果てる兵士。
      死に様は、痛々しさと、悲しさと、誇り高さに満ちた見事なシーンの連続で、
      まるでアスリートが目標のゴールに達した感動シーンのよう。
      適切な感情ではないと思いながらかっこいいと感じてしまうほど。

      ラストシーンというか結末を観たあとは胸を熱くして、涙の堤防が崩壊寸前になり、
      人間愛と人類のおかれている現状を考えさせられながら家路につくわけです。

      是非、観てみて。

      レッドウイング作戦の詳細がわかる本も出てますが、これは映画観てから読んだら良いと思います。
      クリックもしない方が良い!
      レッド・ウイング作戦も知らなきゃ、特に調べないで観た方が良い!




      | polton-g | 洋画 − 2010年代 | 21:30 | - | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 21:30 | - | - | - |
        http://chikacinema.jugem.jp/trackback/226
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE