<< 真夏の方程式 | main |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    華麗なるギャツビー (2013年版)
    0


      バス・ラーマン 監督作品。

      濃厚かつ滑らかでリッチな味わい。
      F・スコット・フィッツジェラルドの小説「グレート・ギャッツビー」を原作とした作品。

      1974年、2000年にも映画化されていて、今作で3本目ですって。
      どちらも観たことないので、ストーリーから楽しんだ。

      豪華絢爛な生活に囲まれ優雅な佇まいで人々を魅了して、生きる伝説状態のギャッツビー(レオナルド・ディカプリオ)。
      でもどこかミステリアスなその雰囲気に、どんどん魅了されて、引き込まれていった。

      私的にはギャッツビー(Gatsby)と聞くと整髪料のイメージだし、キムタクだしモックンだし松田翔太だ。
      上記のイメージはどうでも良い話ではあるが、このギャッツビーという言葉は何か聞いていて気持ちよい。
      単語だけどリズム感があるというか、子気味良いというか、もっと言ってほしくなるような中毒性がある。
      作中でもニック(トビー・マグワイア)が「ギャッツビー」と連呼するたびに気持ちよくなっていく感覚があった。
      その単語の中毒性と同じように、このギャッツビーというキャラクターも非常に魅力的で、
      ニックとの男の友情も胸を熱くする、男子的にはたまらない類の話だ。

      何日かたってもギャッツビーを思い出して想いふける、そんな魅力的なキャラクターだった。


      映画の魅力の一つに、
      大きいスクリーンの中に吸い込まれるようにしてその世界観に入り、
      疑似体験できることが挙げられると思うが、
      この作品で味わえるそれは、極上の体験だったと思う。
      これも映画館で観るべき1本だったと後悔した。



      デイジー役のキャリー・マリガン、やっぱりめっちゃカワイイす。





       
      | polton-g | 洋画 − 2010年代 | 23:30 | - | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 23:30 | - | - | - |
        http://chikacinema.jugem.jp/trackback/240
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << March 2017 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE